2012 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

1911系&2011系

1911系&2011系と言っても解らないと思いますが、ガバーメントピストルと言うと解りやすいかも知れません。
ガバーメントモデルと言うのは、正式名称は「コルト.45オート」。
愛称である「ガバメント」は、政府官給品を示す「ガバメント イシュー」から由来しており、正式名称よりもこちらの方が一般的である。他にも「.45(フォーティーファイブ)」「G.I.コルト」など、様々な愛称があります。

世に出てから既に100年は経過しているという名銃で、1986年にはパテントが切れたこともあり、海外のコピー銃や他メーカーから発売され、今では開発年度をとって、一般的には1911系モデルなどと言われています。


右上1911系モデル 左下2011系モデル

DSC02881.jpg


1911系は主にシングルスタック(45口径8発装填)を示す事が有り、ダブルカラム多弾倉仕様にしたモデルでアメリカSTI社のGUNを、2011系モデルと呼んでいます。
ダブルカラム多弾倉仕様のGUNは他に、カナダのパラ・オーディナンス社が有名です。
ダブルカラムになると、マガジンが入るグリップは少し太めになりますが、なんと言っても魅力は私のGUNで40口径の弾が18発装填出来ます。

驚く事は、開発から100年過ぎても基本構造は変わりなく、今尚競技の世界や軍や警察でも採用されているのには驚かされます。
それ程優れたピストルと言う事ですね。
スポンサーサイト
2012..31 未分類 comment6 trackback0

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。