fc2ブログ
2013 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 09

昨日の試合で...想う事

昨日はフィリピン国軍主催の試合に参加してきました。

いやいや各軍・警察のお偉いさんやVIPばかりで、撃つ順番も先送りでなかなか撃つ順番も回ってこないので、帰る頃は日も暮れてしまいました。

レベルⅡの10ステージの長丁場でしたが、フィリピン大統領も参加して居るので会場は戒厳令が敷かれ、撃つ間際まではGUNはケースに入れて保管し、自分の順番が来て初めてGUNを腰のホルスターに納められます。
撃ち終わったら直ぐにGUNをケースに仕舞わなくてはいけないので、何ともまぁ~!大変な試合でした。
場所が場所だけに銃器が溢れかえって居るので、大統領の警護も限界が有りますので、当然と言えば当然の処置ですね。

左 フィリピン国軍将軍(AFP Chief)・中央 PNP長官 ・ フィリピン国大統領
543858_565766170148586_328137357_n-1.jpg



20130810120533(1)-2.jpg



世界で90ヶ国?以上の国が加盟し、民間人がピストルを所持出来ない日本も加盟して居るIPSC競技ですが、世界で一番ポピュラーな射撃競技がIPSC(International Practical Shooting Confederation)です。

右の怖そうなオッサンはプリシマ警察長官で、現在警察の管理下の元GUN規制で混乱して居るフィリピン射撃競技界ですが、何とか早く収束して下さいと言いたかったですが、私は外国人ですのでライセンスさえも所得出来ず、そもそも言う権利も御座いません。(笑)


これを撃たせてくれとお願いしましたが、やはり撃たせてくれませんでした...(笑)

DSC04099-2.jpg




スポンサーサイト



2013..11 IPSC comment7 trackback0

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: