2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

シューティング・パラダイス開設


シューティング・パラダイスの開設並びにご案内を具体的にさせて頂きます。

☆近い!(例東京発)

現在成田より毎日朝便・夜便の直行便が毎日5便東京-マニラ間を運行して居ります。
時期や航空会社により料金は変動致しますが、大体40,000~80,000円位がエコノミーで航空代金の相場です。
運行時間は約4時間で一眠でもすると、シューティングパラダイスに到着です。

☆安い!

発展途上国ゆえ、物価は日本に比べ格安です。
1ヶ月の平均賃金が日本円で2万前後ですので、あとはご想像下さい。
もっとも大事な弾代が、アメリカに比べチョットだけ高い位で、その証拠に私達同様、近隣諸国の香港・シンガポール・台湾・マカオ・インドネシア等の国々の方々もフィリピンにて練習している状況です。

初めての方はGUNレンタルや弾撃ち放題や講習付きで、ツアーをしている友人が日本各地に居りますので、此方を利用した方が安心ですね。

☆練習環境No.1 !

此処が最大のメリットです。
普通はハワイ・グァム等で海外実銃シューティングと言いますと、GUNがチェーンで連結されていたり、隣の壁に覆われ狭いインドアーレンジで弱小弾をタダ撃つだけが常識ですが、フィリピンではここが違います。

長年の競技参加の実績や、統率された日本人インストラクターの高度な講習内容等が高く評価され、今では自由に撃てます。

銃器を扱うシューティング・スポーツで自由と言うのは少し乱暴な感じを受けますが、もちろん未経験者や初心者の方は日本人インストラクターによる初心者講習を受けて頂く事が絶対条件で、GUNコントロールマナーをみっちり受けて頂きます。
同時にレンジ内のマナーも受けます。

GUNコントロールが習得出来ない方は、次のステップのドローや移動シューティング・マグチェン等にはステップアップ出来ませんが、今まで一緒に参加された全員の皆さんは全員無事ステップアップされ、最終試合参加認定基準も無事通過し、試合まで出場し大満足で皆さん日本に帰国されて居ります。
もちろん練習参加希望のみの方にも、基本講習だけは必ず受けて頂き、安全を第一に徹底した講習が実施されております。
当たり前の事ですが、今まで事故は一度も有りませんし、今後も絶対に事故は起こしてはいけません。

現在ARMSCORシューティングレンジには、日本人の方がマイGUNとして20丁を超えるGUNを預けて居り、希望者には此方のサポートも、無償で行っておりますのでご相談下さい。

フィリピン人シューターのシューティング技術レベルは、世界でもトップ3には毎年入る、高度な技術を持ったシューター揃いで、昨年のスチールチャレンジの覇者のJJラカーザもフィリピン人シューターです。
毎週末は何処かしらで試合が行われている、シューティング競技のもっとも盛んなお国柄です。
女性や子供も多数楽しまれて居り、日本にとっては羨ましい限りです。


ARMSCOR社参照

http://www.armscor.com.ph/
http://www.armscorshootingranges.com/

IPSC練習及び試合参加参照

http://www.ipsc.org/
http://www.ppsa.org.ph/
http://www.tssa-japan.com/

IDPA練習及び試合参加参照

http://www.idpa.com/clubs.asp?Organization=Tropical+Sport+Shooting+Association
http://www.n-idpa.com/

グァムでのシューティング参照

http://www.gosrjapan.com/


日本国内練習及び試合参加参照

http://www.atpfshooter.com/
http://www.gosrjapan.com/

一押しお勧めDVD待望の発売!(7月初旬発売)
実弾射撃教本 [入門編]
石井健夫のよくわかる実弾シューティング In G.O.S.R.

http://www.gosrjapan.com/

注・石井氏は日本で有名なイチロー永田氏の弟子で、国内・海外競技のビアンキカップ・スチールチャレンジ・IDPAナショナルズ等、豊富な参戦経験を持つ日本人トップシューターの一人です。
見て損は絶対有りません。
是非海外シューティングに興味のある方は、お勧め致します。



上記国内の各団体組織の代表の方は、私の友人であり仲間達です。
此方にもご遠慮無しに、直接ご相談お問い合せ下さい。

私達仲間の活動理念は、日本エアソフト競技の健全なる発展や公布活動と言っても過言では有りません。
年々規制される日本文化のエアソフトですが、エアソフト発祥国としながらも、ごく一部の不良GUNマニアの事件が後を絶たず、世間の理解をなかなか得られず、大変苦慮して居るのが、日本シューティング・スポーツ界の実態です。

決して私達は実銃GUNシューティングを推奨するグループでは有りません。
日本国に於いて、実銃・エアソフト・各種シューティング競技の壁を全て取り払い、健全で安全で楽しくシューティングを楽しむ事が出来、全シューターが一致団結して日本国にて楽しい環境を築き上げ、後世によりよい環境を残す事を最大の使命として居ります。

今後はさらに若手シューターの育成に力を入れ、エアソフトでの国内練習で2004年にスチールチャレンジの世界チャンピョンになった、マック堺選手の様に、世界に通用するシューターを育成する事が、しいては日本エアソフトの健全な発展に繋がると信じております。
目標や志は高いですが、焦らず着々と地道な活動を今後も継続して行きます。

あくまでも日本国の基本は、エアソフト競技です。
これからも私達の仲間は、日本エアソフト発展の為に頑張りますので、ご理解ご協力、宜しくお願い申し上げます。

私はあと数年でフィリピン国に移住致します。
これは私の昔ながらの夢で、いよいよ50も過ぎ間近になってきました。
それ故、私の国内の活動時間は後数年しか有りません。
何とか日本に居る間に、日本に良い環境を仲間達と一緒に築き上げ、後は温和しく引退させて頂くきます。

皆様のご理解ご協力、重ねて宜しくお願い致します。

尚、ご意見ご相談等御座いましたら、ご遠慮無しにお問い合せ下さい。

スポンサーサイト
2008..01 GUN事情 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/10-60e78e61

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: