2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

再びアンヘレスへ

日曜日にパンパンガ州のアンヘレスに行ってきたばかりですが、またまた天使の街と言われるアンヘレスに行ってきます。


20121021105812(1).jpg



以下、まにら新聞より抜粋

【 戦没者慰霊祭 】

『25日にクラークの平和公園で戦没者慰霊祭開かれる。今年は初の護摩法要も実施』


太平洋戦争末期、神風特別攻撃隊が出陣したルソン地方パンパンガ州クラーク特別経済区内の平和公園で25日、比日両国関係者による戦没者慰霊祭が開かれる。1998年から毎年開かれている慰霊祭は15回目。今年は日本人僧侶による護摩法要が初めて行われる。
戦時中、同経済区内には旧日本軍の飛行場があり、1944年10月25日、同飛行場やセブ、ダバオから出陣した特攻機がビサヤ地方レイテ島沖などで米空母に体当たり攻撃を敢行した。
当日は、高さ約1・8メートルの木枠が組まれ、護摩木をたいて戦没者の慰霊と世界平和を祈る。

地元マバラカット市やクラーク開発公社、比戦没者の遺族、公益財団法人の特攻隊戦没者慰霊顕彰会の関係者ら、約300人が参列する予定という。
慰霊祭は25日午前7時から、クラーク特別経済区にある「ゴッデス・オブ・ピース・シュライン」で行われる。


以上



神風



決して先の大戦を肯定して居る訳では有りません。
ご理解下さい。

私はかつて神風特別攻撃隊が、初めて編成されたアンヘレスでピストル片手に暢気に趣味を楽しんで居ます。
正直この地やフィリピンは私に取って、とても複雑な気持ちの地でも有ります。

フィリピン人男性ダニエル・ディゾンさんが私財を投げ打って、自宅を改造しカミカゼ記念館を長年開設し、以前、お邪魔した事が有りますが、神風特別攻撃隊の遺書や遺影を見ると、同じ人間とは思えない精神力を感じます。
家族を守る為、恋人を守る為、そしてお国を守る為、自ら命を捧げた英霊に、何時までも感謝の気持ちを忘れず、手を合わせてきます。
スポンサーサイト
2012..23 その他情報 comment10 trackback0

comment

まー暴!
こんにちわ。

僕がフィリピンで、行ってみたい所のNO1ですね。

ちなみ以前、ブログに書いた事が有ります。

http://maabou100101.blog.fc2.com/blog-date-20120727.html

もし宜しければ、覗いて見て下さい。
2012.10.23 15:49
Boss.K
こんにちは。

仰る通り彼らの存在は決して忘れてはいけません。
彼らが命を捧げて守った日本。
今 彼らはどう見てるのでしょうかね?
政治家こそ訪れ手を合わせるべきです。
2012.10.23 16:16
きら
まー暴さん、こんにちは。

先ほどブログ拝見させて頂きました。

今回慰霊祭が行われる場所は、私も初めてです。
慰霊碑が有る旧飛行場跡の、西と東の慰霊碑には何度か行った事が有ります。

今度機会が有りましたら、是非一緒に行きましょうね。
2012.10.23 18:19
きら
Boss.Kさん、こんにちは。

今日の日本の繁栄も、尊い犠牲者のお陰で成り立っていると思います。
激戦地であったフィリピンで、今私が暢気にピストル持って遊んで居る事など、英霊の皆様方は想像もしなかった事と思います。

とても複雑な心境です。
今は唯々手を合わせ、感謝の気持ちを伝える事しか出来ません。
2012.10.23 18:23
カレン
特攻隊の方はどういう気持ちで出撃したのでしょう                           自分がもしその時代に生きていたら                                  どうしていたでしょう、                                       難しいですね    
2012.10.23 20:54
きら
カレンさん、こんばんは。

難しいですね。
少なくとも今の自分の精神でしたら、逃げていたでしょう。

でも、当時は逃げるなど、とても出来ない環境や状況だったのでは無かったでしょうか。
言葉を悪く言えば、洗脳という見方も有るかも知れません。

特攻隊員の遺書を拝見すると、切実な思いが感じられます。
無念な気持ち・家族を思う気持ち、読んでいて目頭があつくなりました。

戦争は人類のもっとも愚かな行為で有る事は、特攻隊員の皆様が、一番感じて居る事と思います。

そんな犠牲の上に、今の日本が有る事に感謝し、手を合わせたいのです。
2012.10.23 23:08
MASA
こんばんは

親しくお付き合いしている方が、神風特別攻撃隊の戦死第1号である久納好孚中尉の甥である事を知り、それに関する本を読みました。当時の10代、20代の人々は今日の日本の同世代よりも遙かに成熟していた事を思い知らされました。

ダニエル・ディゾンさんもそうですが、昨今 我が国と諍いを起こさんとする国々とは全く異なり、大東亜戦争の戦場となった国々の中でも、特にフィリピンの方々は、日本軍人戦死者に対する慈愛の精神を持っておられる様に感じます。

私は未だ慰霊碑に行った事が無いので、機会を見つけて英霊に合掌したいと考えています。
2012.10.24 00:05
きら
MASAさん、お早うございます。

フィリピンは先の大戦の、もっとも多くの犠牲者を出した国ですので、私も正直この地でピストル片手に遊びほうけていると、正直複雑な心境になる事も有ります。

そんな思いもあって、機会ある時は慰霊碑を訪れる様にしています。

本当に有り難い事は、昔の事も色々有りますが、そんな事は感じさせず、フィリピンの方が親切に接してくれる事です。
2012.10.24 10:17
FUBO
きらさん、こちらには初めてコメントさせて頂きます。

フィリピンを訪れて、どうしても行ってみたい・・
行かなければと思った場所が、マバラカットにある
神風イーストでした。 機会を作り神風ウエストも訪れて
追悼をささげたいですね。

http://yaplog.jp/takachan3/archive/94

戦没者慰霊祭があるとの事です、出来れば参加したい
ところですがさすがに行けないですね(笑)
その分また靖国に参拝に行ってきます。

きらさん、またコメントさせて頂きます、宜しくお願い致します。
2012.10.25 19:57
きら
FUBOさん、お早うございます。

つまらないブログにご訪問頂き、有り難う御座いました。

昨日、慰霊祭に出席しその後東・西の慰霊碑にも参拝して来ました。
詳しい内容は次回の記事で書かせて頂きます。

次回機会が御座いましたら、ご案内させて頂きますね。
今後とも、宜しくお願い致します。
2012.10.26 08:50

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/112-21382931

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: