2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

銃器事情と国政選挙事情

何度も取り上げましたが、来年の国政選挙の為、銃器の持ち出しを規制するGUN BANの正式な実施日が、1月13日からスタートする事が決定しました。
私に取っては、冬の時代の到来です。(涙)

国政選挙に伴い、PNP長官(フィリピン国家警察)も変わります。
今の長官の任期は来年3月でしたが、この時期はフィリピン選挙戦の真っ最中で、この時期に長官が変わり警察内部の掌握に時間を要する為、選挙戦の前の来月に新長官と交代する運びになりました。
新長官はPMA1981期生の ALAN PURISIMA将軍が正式に決まりました。
新長官は、現大統領のお母様が大統領の時代にPSG(大統領警護隊)に属し、その頃から現大統領に仕事ぶりを評価され、PMA1980期生の1期生先輩の現長官の推薦もあり、すんなり後任人事が決まりました。
そんな次期長官の試合に、先日行って来ました。


DSC03123.jpg



更に銃器規制に当たる新ルールも施行されます。
GUNを持ち出すには、PTT(搬送許可書)を所得しなければいけませんが、内容に変更が有ります。

一般所持者

① 許可期限は1回の申請で1ヶ月
② 自宅から1箇所の指定のシューティングレンジに限る。

PPSAメンバ-

① 許可期限は1回の申請で3ヶ月
② 自宅からPNP認定の国内全部のシューティングレンジ。

と言う事で、PPSAメンバーはシューター(競技射撃者)で有るので、現行と変更は有りません。
しかし、ハイパワーのアサルトライフルで、厳しい変更が有りました。
今までは1回の申請で1ヶ月で、範囲も自宅からPNP認定の国内全部のシューティングレンジでしたが、変更後は1回の申請で15日で、自宅から1箇所の指定のシューティングレンジに限るとの事です。

対応策はシューティング・レンジにライフルを預けて於けば良い事ですが、自分の子供を預ける様な寂しい気がして、どうしようか悩んでいます。(笑) 
スポンサーサイト
2012..27 GUN事情 comment6 trackback0

comment

Boss.K
面倒でややこしくなった気がしますが
気のせいでしょうか?
余計に違反者を増やすだけのような気もしますが
しょうがないのでしょうかね?
現長官は何処へ行くのか?決まったのでしょうか?

2012.11.28 02:26
カレン
おはようございます

フィリピンの選挙は必ず何人か

死ぬので渡比が怖いですね

利権が絡んでるからといっても

危なすぎだと思います。
2012.11.28 06:47
MASA
こんばんは、先日はどうもありがとうございました。

新長官の就任前にも関わらず、既に銃器規制新ルールの詳細が出て来るのは少し変ですね。選挙期間中の治安維持を図ると言うのが表向きの目的なのでしょうが、真の目的は他に有るのでは?と勘繰ってしまいます。(笑)

そもそも選挙中に問題を起こす輩や、犯罪を犯す者の銃はライセンスなど関係の無いPALTIKですし、ライセンスを取っている善良な(?)人をPPSAメンバーかどうかで差別しても治安の改善には余り役立たない様な気がします。

いずれにしろ、GUN BAN中は他の楽しみを見つけなければなりません。(笑)
2012.11.29 01:18
きら
Boss.Kさん、お早うございます。

GAN BANはフィリピンで長年続く事情ですね。
お国事情が違うので一概に言えませんが、選挙戦期間が異常に長いと思いませんか?
日本の選挙戦期間が逆に短すぎるのかな?(笑)

現長官は正式には決まってないようですが、大統領も高評価しておりなかなか頭が切れる人なので、今後も要職に付くと思って居ます。
2012.11.30 08:44
きら
カレンさん、おはようございます。

地方などでは権力者が私兵を持って、居るお国柄なので、その辺の争いを防止・取り締まりを目的の銃器規制だと勝手に思っています。(笑)

犯罪者には全く関係無い話しで、迷惑なのは正規所持者達だと思います。
2012.11.30 09:14
きら
MASAさん、お早うございます。

現弾・銃弾飛び交うフィリピン選挙戦なので、ほんとの戦ですね。(笑)

やはり世界全体が銃器規制に向かっている様な気も致します。
フィリピンも効果有る銃規制をするのなら良いのですが、私はもっと不法所持者の取り締まりをビシビシやって欲しいと願って居ます。
普段の時も本腰入れての取り締まりもやっていませんし、検問等の検査も殆どザルです。

お題目だけの銃規制だけしても、喜ぶのは犯罪者だけのような?
今回のルール変更でも、規制方向に向かっていますが、一般所持者と差別化して、PPSAメンバーへの配慮は伺われますね。

他の楽しみも沢山有るのですが、出費だけがかさむのが頭の痛い所です。(笑)
2012.11.30 09:28

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/120-b5bcb104

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。