2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

銃規制

選挙も終わりGUN BANの規制解除もあと3週間を切りました。
規制解除に伴い、直後から大きな試合が目白押しです。

この為、試合会場にGUNを搬送する許可(PTT)が必要です。
しかし、世界中で銃規制が叫ばれる昨今、フィリピンもご多分に漏れず厳しくなってきました。


知り合いのMelchor Reyes大佐(PMA出身)。お隣は有名な俳優さんですがこの方もシューター(競技射撃者)です。
601891_570492279637546_2109108130_n-1.jpg



以下、フィリピン国家警察の銃器関係部署の責任者Melchor Reyes大佐の話です。

FYI: I was in crame yesterday and i just want to share what we have discussed. According to Sir Melchor Reyes, all guns that have been applied for PTT must have a record that they have used or fired it within a quarter upon issuance of PTT either in a sanction match or clubshoot. Otherwise, FA which was not used will no longer get a PTT. This is done to ensure that those who get PTT are really those that shoots or participate in the said sports. And avoiding those whose only intention is to carry the gun like a PTC. So, to all members please be guided accordingly cause it will appear in your monthly report in the FEO which will be submitted quarterly.
The earlier the better he said if you apply for your PTT and avoid the bulk in uplifting the gun ban.
REQUIREMENTS FOR THE ISSUANCE OF PTT:

1. GUN CLUB RECOGNITION
2. GUN CLUB ID
3. LIST OF MEMBERS OF THE GUN CLUB (to be submitted by Gun Club President)
4. Photocopy of firearms License
5. PPSA ID (For active members)
Should i be of any help, just don't hesitate to ask...i will be very much willing!


英語が苦手なので簡単に説明しますと、PTTの申請に伴い1~5の用件を満たさなければ申請出来ないと言う事かな?
早い話、競技射撃者しかPTTは申請出来ないと言う話になります。
そうなりますと、一般の銃器を所持している方でも、家からの持出は相当厳しい状況になりますね。
私(嫁)は勿論用件を満たしておりますが、知り合いの日本人の人も嫁さん名義で銃器を所持していますが、流石に用件は満たしておりません。
私も1・2・3・5の条件は満たしておりますが、肝心の4の銃器ライセンスの条件は満たしておりません。
早い話、銃器を嫌いな嫁が全ての用件を満たしていると言う事は、全ての用件には費用は掛かりますので、私と嫁と2重所得して居ると言う事で、外国人には余計な出費が掛かってしまうと言う事になります。

それに申請料ですが、以前は3ヶ月でP1,000でしたが、今回の申請ではP500に値下がりになりました。
この件は昨年の所属チームのクリスマスパーティーに銃器セクションの責任者も来ていたのですが、その際に値下げの話しは聞いていましたが、ころころ法も変わるフィリピンですので余り信じて居なかったのですが、本当に実現しました。
ARMSCORで値下げの話しを確認しましたが、正式には話しは聞いてないとの事ですので、もしかしたらPTT申請料の値下げは、私が所属しているGUNクラブだけの特例措置かも知れません。

GUN BAN明け直後の6月14~16日の間に早速PNP 銃器セクション主催のレベルⅡの試合がARMSCORで開催されます。
銃規制が厳しくなる今日ですが、競技射撃者には理解が有るので今の所は救われています。
でも、将来の展望は闇ですが銃規制を幾ら強化しても、犯罪を犯す人間は最初から不法の銃器ですので、あまり意味が無いと思いますが....
野放し銃の徹底的取り締まりこそ、銃規制の第一歩だと感じて居ます。


PS
本日より2週間ほど故郷の風にあたってきます。
普段も滅多に更新しないブログですが、おそらくGAN BAN明けまで更新が有りませんので、宜しくお願いします。
スポンサーサイト
2013..23 GUN事情 comment9 trackback0

comment

jupiter
きらさん
こんにちは

とうとう帰国する日がきたんですね。

ごゆっくり、故郷の風を満喫してください。

現在の日本は、5月も下旬に差し掛かり、やや気温が上昇してきています。

お体には十分にお気をつけてください。

ところで、日本の滞在期間はどのくらいですか?
滞在場所は関東ですか?
2013.05.23 12:59
MASA
こんにちは

エディ・ガルシアは相当なシューテング好きみたいですね。

記載の英文は、 これを書いた方が、 Melchor Reyes大佐と話をした内容が載っており、 PTC取得後3カ月以内のシューテング試合での使用記録の提出を義務付けており、又PTTを携帯許可代わりに使う事を防止しようと言う意図が書いて有りますね。

外国人はPTTもPTCも許可されないので関係有りませんが、 この話が本当に実施されると、 フィリピン人でも困っちゃう人が一杯出そうです (笑)

ニセのシューテング試合使用記録がバクララン辺りで出回ったりして.. (爆)
2013.05.23 13:14
BOSS.K
こんばんは。

大変なんですね~
しかし厳しくしても
いたちごっこ・・・に
ならなければ良いですね。

日本楽しんで下さい!
2013.05.24 04:42
-
jupiterさん、日本からおはようございます。

今の日本はすごしやすいですね。
日本の真夏と真冬は避けるように帰国しております。

今回の滞在は2週間で、神奈川県川崎市になります。
2013.05.24 07:21
-
MASAさん、おはようございます。

試合での使用記録はどの様に判断するのですかね?
PPSAのサイトで試合後との成績が出ますのでそれかな?

フィリピン人でもシューターでは無いですが、偶にGUNをレンジに持って行って撃ってる人も居ますが、こういう人達はどうするのですかね?
今回の話は反響を呼ぶ様な気がします。

シューターには全く問題ない話ですが。
2013.05.24 07:26
きら
Boos.kさん、静かな日本からおはようございます。(笑)

フィリピンはあまりにも野放しGUNが多いので取り締まりはどんどんやった方が良いかと思いますが、今の規制は正規に登録してある方々に対しての規制の様な感じを受けます。

今後の取り締まりをし易くする措置の様な気も致しますが、未登録GUNの取り締まりに最初は全力で取り組んで貰いたいです。
今度よく言っておきますネ。(笑)
2013.05.24 07:36
きら
MASAさん、追加コメですが。

考えてみたら試合記録の件ですが、あくまでも嫁のライセンスで嫁のPTT申請ですが、嫁は試合に出ません。(笑)

私の状況はPNP関係セクションの人も知っていますし理解もしてますので、問題は無いと思いますが...
建前と本音のフィリピンですので、想像では今回の話も話だけで終わってしまう気もしますね。
2013.05.24 08:07
MASA
こんにちは

お帰りなさい

もし、この話が本当に実施されるとSANCTION MATCH (認可された試合..この場合PPSA公認試合) 又はCLUB SHOOTでの使用記録と言う事ですので、 極端な話CLUB SHOOTなんて各GUN CLUBで勝手に行った事にすれば済む様な気がします。 9mmパラ/38口径より大きい45口径等は、 GUN所持ライセンス申請の際、GUN CLUBへの加入が義務付けられますので条件1.2は問題無く、あとは、各GUN CLUB(レンジ)でお客が射撃した際に、CLUB SHOO0Tにしてしまえば良いのですから。レンジも客商売ですし..条件5のPPSA IDもFOR ACTIVE MEMBERとの事ですので、加入が必須ではないですよね。実際にレンジで自分の銃を撃っている人々の内、試合に出ている人は極僅かで、ナンチャッテCLUB SHOOTでもしない限り、多くのGUN ADIK達が路頭に迷う事になってしまいますね(笑)
2013.05.24 12:56
きら
MASAさん、おはようございます。

この件が本当に実施されると、シューターだけしかPTTをとれない様な感じになってしまいますよね。
凄く無理が有り過ぎる話です。
競技にも力を入れている大佐ですので、PPSA加入の勧誘目的も有るのかな?(笑)

不法銃の取り締まり強化に力を注いで欲しいですが、あまりにも多すぎて大変なんでしょうね。
正規に所持している方々向けの規制を強化しても意味がないかも?
2013.05.25 08:03

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/146-30a70257

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。