2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

13TH BOLO TUASON CUP

フィリピンで開催される試合も多々有りますが、そんな中でも出場選手や規模で言うと、3本の指にも入る一つのビック試合がBOLO TUASON CUPです。
銃器・弾薬メーカーARMSCOR主催の試合ですが、名誉会長のボロー氏の名前を取ったIPSCレベルⅢのビックマッチです。

この試合には外国選手も多数出場し、アメリカ勢ではフィリピン系アメリカ人ですが、有名なJJラカーザや女性シューターのバレリー・ラベンザや、カスタムガンで有名なリムキャットのジョニー・リムも遙々海を越え参加してました。
アジア勢は香港・中国・インドネシア等の選手達も多数参加してました。



Poster-3.jpg


雨期の時期のフィリピンですが、4日間何とか天気にも恵まれ、大盛況の内に終了しました。
試合の結果ですが、私が出場するスタンダードクラスでは、ジェスロディニシオ(Jet)を押さえ、若干17歳のパスカルが優勝しJETは2位でした。
そう言えば、JETがスチールチャレンジの世界大会で初めてチャンピョンになった歳も17歳だったかな?
その後連覇し通算3度世界チャンピョンになって居ます。

IPSC競技の採点方法はタイムと的に当たった得点で算出されますが、早いタイムが出ても的へのヒット率が悪ければ良い成績は出ませんし、逆に的をジックリ狙ってヒット率が良くてもタイムが遅ければこれまた良い成績は出ません。
コンバットシューティングなので移動時間も有り、のんびり移動していてはタイムが掛かりますし、スピードとアキュラシーこそが良い成績に結び付きます。
その点若い人は動きも機敏で躍動感も有り、やはりスポーツですので若い人は上達も早く旨くなるのも早いですね。

そんな訳で、親父シューターの私の成績は....(涙)
後何年出来るか解りませんが、今後も日本では出来ないピストル・シューティング競技ですので、安全に楽しくやっていきたいと思います。


では最後に、親父シューターの無様な姿をご覧下さい。(笑)

スポンサーサイト
2013..15 IPSC comment2 trackback0

comment

MASA
試合お疲れ様でした。

流石にレベルⅢともなると非常に難しいコースばかりの様ですね。最後のメタルプレートなんか25メートル位有るのではないでしょうか。

国外の大会では経験豊富さがアドバンテージとなるのか、無敵のJethroですが、国内だと世代交代が進んでゆくのかも知れませんね。
2013.07.15 21:28
きら
MASAさん、お早うございます。

せっかくご協力頂いた物も出番無しで、今週末デビューします。(笑)
有り難う御座いました。

パスカル兄弟は4年前に初めて会った時は本当にまだ子供で、お父さんが何時も付きっきりで指導してました。
ここ数年で上位の常連に名を連ねて居ましたが、まさかJETを押さえて優勝するとは思いませんでしたね。
でも、今回は旨くハマッタと思います。
若い分だけ波が有ると思いますが、ハマルと流石に早いです。
今後も経験を重ね、フィリピンを代表するシューターに兄弟揃って成長する事は間違い無しです。

他のスポーツと同じで、一番力を発揮出来る年代は16歳~28歳位だと思いますネ。
老化が著しい私には羨ましい限りです。(涙)
2013.07.16 10:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/156-d876032d

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: