2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

ピストルの有効射程距離とIPSC競技

良く話題になるピストルの有効射程距離ですが。
あまり話題にならないかな?(汗)

正直、自分でも解りませんが...(笑)
只試合等で長距離のピストル射撃は偶に要求されるので、何度か撃った事は有ります。
マリキナ市に有るARMSCORレンジは、ライフル・レンジの100mと70mのロングレンジが有りますので、此処での試合は良く長距離射撃の技術が要求されます。
過去の経験では100mのターゲットも有りました。


50mでの射程




動画は先々週行われた所属GUNクラブでの試合の様子です。
スタートして右端に移動していますが、ターゲットはIPSCターゲットが2つ50m先に2つ設置して有ります。
段ボールのターゲットには2発撃ち込みますが、当然目視では着弾が確認出来ません。
気軽なクラブシュートですので、チームメートが後ろで着弾を確認してますが、当然着弾のアドバイスは有りません。
念を入れて1つのターゲットに3発撃ってます。
これだけ距離が有りますと、手元のチョットしたブレが着弾に大きく影響しますので、私の腕では慎重に1発1発トリガーを引いています。

次ぎに左に移動しPP(ポッパーペッパー)と呼ばれる、等身大の半分位の大きさの金属製のターゲットを2個撃ちます。
このターゲットは倒れるまで撃ちますので1発で当たれば倒れますが、この時は時間を掛け良く狙ったので、運良く紙のターゲットも両方とも1発で当たりました。
紙のターゲットと違い、着弾は当たった音で確認出来ますネ。当たれば倒れますし目視も出来ます。

50mでもピストルは当たると実証出来ましたが 、大事な事はターゲットに対する狙点です。
この時はニュートンさんの教えを守り、ターゲット中心の80cm上を狙いました。(笑)
視点は使う弾の口径や弾頭の重さ・弾速等で変わってきます。
223弾ライフル等では、50mではほぼ中心狙って中心に当たりますね。
主に競技用ピストルでは、着弾を20~25mで調整するのが一般的だと思います。
IPSCは弾の威力を示すパワーファクターと言う物が有り、私はスタンダード・クラスで競技参加してますので、弾の口径は40s/w口径で弾頭(ブレット)は重さ200grを使用し、火薬の量は850f/s以上になる様に弾を作っています。
IPSCのメジャーロード(強装弾)の規定(パワーファクター)は170以上がメジャーでそれ以下はマイナー弾としてカウントされます。
パワーファクターの計算は、弾頭重さ×弾速÷1000です。(例200×850÷1000=170)
競技で使用されるGUNは40口径が多いのは、この様な理由が有るからです。

これがIPSC競技になると当たる事は大事ですが、当てる事に時間を要しても良い成績には結び付きません。
早く正確に当てる事が競技では要求されます。
私みたいに早さと正確さを両立する事は難しいですが、自分の技術が数字に表れ難しいからこそ楽しめる秘訣でも有ると思っています。
スポンサーサイト
2013..29 IPSC comment2 trackback0

comment

MASA
こんばんは。

いや~長距離射撃凄いですね。昔の馬賊が使っていたマウザーなんかは何百メートルも先の標的用にタンジェントサイトが着いていましたが、あれは投身大の目標に何丁もの銃で集中放火を浴びせてビビらせるものなので、 BOMARサイトの見越し射撃で小さいIPSCダーゲットに命中させてしまうのは何とも凄いとしか言い様が有りません。
2013.07.30 01:44
きら
MASAさん、お早うございます。

ピストル競技では2~3m先のターゲットも有れば、50~100m先のターゲットも有りますので、日頃距離によって着弾がどれだけ変化するのか把握して於く事も大事ですね。

10m先の5cmくらいの着弾のズレは、50mでは大きくズレて下手すればターゲットに当たりませんので。
今度100mレンジで着弾の検証をしてみます。(笑)

2013.07.30 09:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/159-2d8cc12f

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。