2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

フィリピン銃規制の現状

フィリピンに遊びに来て気軽に実弾射撃したり、少し踏み込んで練習に来る日本人の方々は、レンジでGUNを借りて実弾射撃するので、まったく気にしなくて良い話ですが、今フィリピンでは従来とは違い、大幅な銃規制が実施されています。

一言で言いますと、銃器を購入しライセンスを所得する事や、試合や練習等で家から銃器を持ち出しレンジに行く許可の所得がが非常に困難な状況です。
その為、銃器関係のショップが廃業したり、毎週末何処でも試合が行われていた盛んなシューティング・スポーツも試合数が減ったり、参加者が激減した為突如試合が中止になる事態が発生しています。

Philippines Republic Act No. 10591(RA10591)の規制により、施行後新たに銃器を購入しライセンスを所得するには、下記の様な書類等や精神鑑定・薬物テスト等のテストを受け準備しなくてはいけません。

1900747_772230832801029_845475784_o-1.jpg

そこで昨日、厳しすぎる銃器規制に反対する集会&試合がマリキナ市のARMSCORにて開催されました。
DSC04432-1.jpg

私は外国人ですので、銃器ライセンスを所得する権利すら有りませんが、周りのシューター仲間が私にもサインしろと五月蠅いので、一応サインしましたが...(笑)
DSC04434-1.jpg

試合結果は、PPSAのサンクション・マッチでは無くFUNSHOOTの試合ですが、フィリピンのトップシューター達と名前が連ねたのがちょっと嬉しいですね。
1958138_10152263056192878_182007743_n-1.jpg


日本人の私に取っては、銃規制が厳しい事は極々自然の事で、他国の法律にも口出しする気も毛頭有りませんが、フィリピンは益々危険な状況になっていく気がしてなりません。
何度も記事に書いていますが、フィリピンは銃器社会の国ですが、余りにも不法銃器が多すぎます。
周りのフィリピン人でも多くの人が不法所持しています。
更に極めつけは、犯罪者は必ずと行って良い程、銃器を所持し犯罪に用いています。

今回の厳しい銃器規制は、あくまでも正規に銃器ライセンスを所得する人達に対しての規制であって、不法所持して居る人や犯罪者には全く関係無い話しで、規制や摘発等何も有りません。
正規所持者はこの点に不安を強く感じており、銃器を持った犯罪者から自分を守る術を奪われた感覚で居ます。
犯罪者は合法で銃器を所持する人が大幅に減るので、今後益々銃器犯罪が増えると感じ懸念して居ます。

常々何事も建前や規制が好きなお国柄に感じて居ますが、規制だけで犯罪が減るのでしょうか?
その前にやる事は一杯有ると私は思うのですが....



スポンサーサイト
2014..16 GUN事情 comment4 trackback0

comment

MASA
こんばんは。

いくらNPSが優秀だからといってH&Kの拳銃でアーマーライト装備の武装集団と喧嘩させてはイケマセン。せめてMP5位は持たせて突入させるべきだし、警官隊に犠牲者が出なかったのは不思議な位です...アッその話題じゃなかった(笑)

先づは、スタンダードDivシニア優勝おめでとうございます。素晴らしい快挙ですね。

ここまでは私のコメントですが、以下はフィリピンの『良き市民』たる友人のコメントです。外国人たる私の意見じゃありません(笑)

RA10591の一番の問題は、正規の銃所有者に対し、所有と携帯資格の手続きを煩雑にし、困難にしている事です。これに因る主な弊害は...

①これだけ手続きが煩雑だと、これまで正規の手続きを行っていた人の内でライセンス無しで銃を携帯する人が出てくる (=本来起こさなくて良い犯罪を起こす『良き市民』を創り出しかねない)

②これまで正規手続きによる銃所有者の存在により抑止されていた犯罪が増加する。

③銃関連業界の収益悪化による雇用の減少。

④『良き市民』のシューティングスポーツへの参加を困難にし、世界トップクラスのPPSAの国際的地位が凋落しかねない。

⑤こんな法を制定しても、銃犯罪は減少しない。何故なら犯罪者は正規登録の銃など使用しないから。

最も割りを食うのは、中間所得層の人だと思われます。試合に出る程ではないが、銃を所持し、家から銃を持ち出してレンジで週末シューティングを楽しむ方達ですね。こんな法を制定するヒマが有ったら、不法銃所持者の取り締まりを徹底すべきで、これが完了するまではゴリラおっさんを始めPNPのIPSC試合開催 及び 参加は禁止。そんなヒマが有るんだったら仕事せんかい!それとPNPメンバーの業務に使用しない銃の所持・携帯も禁止。 STIなんぞ仕事に必要ないわい!!
...何度も言いますが、フィリピンの『良き市民』たる友人のコメントですヨ。外国人の私の意見じゃありませんからね(爆)
2014.03.16 22:48
MASA
少し調べてみました。

FEO地方出張所に於ける銃所持許可証の新規登録と更新手続きが保留され、全てクラメで手続きしなきゃならなくらっていますね。メトロマニラ在住の方は良いですが、その他のエリア在住の方には大変です。偽の住所を登録している銃所持者対策の為で、今回の措置は一時的なものであるとアナウンスされていますが、ミンダナオやビサヤ在住の人なんか、この為にマニラに何日も滞在しなきゃなりませんし、書類不備なんか有った日には目もあてられません。

これに留まらず、従来と比較して、一見すると表面上には現れない手続きの煩雑化が幾つも増えていますね。PRO GUNの方達も大いに怒ってらっしゃる様です。

TAMA NA! SOBRANA ! (もうたくさんや!やりすぎやで!)このゴリラおっさん... アッ これは私が言ってるんじゃありませんヨ。規制に反対する方が仰っているんです。そういうフェースブックが沢山あるんです(笑)


2014.03.17 01:14
きら
MASAさん、お早うございます。

昨晩は困ってしまいました。
宮本武蔵と被ってしまって、結局S-最後の警官を選択しましたが。(笑)

日本では警官がアーマライトじゃ絵にならない為の選択ですかね?
現実離れしていると感じるのは、もしかして私達だけかも??(笑)

規制問題はMASAさんのお友達?仰る通りですね。(笑)
私の嫁もPTCFOR所得の為、同じ様な準備で更にはNBIクリアランス・PPSAメンバーの証明書・GUNクラブ証明書・GUNクラブPNP認定書等様々な書類を取り寄せ、様々なテストも受けましたが、本当に大変な作業でした。

建前だけの規制では、返って不法所持者を増やすだけですし、根本的な解決策にはならないと、シューター仲間もみんな言っています。
実に困った問題です...
2014.03.17 09:51
きら
MASAさん、おはようございます。

本当に地方の人達は大変ですネ。
元来、全ての行政サービスが欠如していますので、地方の方々の事など鼻から頭に無いですね。

1月に3丁のライセンスの更新をしましたが、先日やっと自宅に届きました。
警察官が届けに来るのかと思っていて、今後新たに所持出来なくなったライフルも有るので、GUNロッカーに鍵掛けて、検査されても良い様に準備していたのですが、なんと持って来たのは民間の宅配業者のオッサンでした。(笑)

PNPのトップが一番信用していないのは、PNP警官達でニューロテストも、何処かの学生達に手続き運営等をやらせていて、PNPの警官はノータッチです。
何だかな~~!てな感じですネ。(笑)
2014.03.17 10:31

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/187-0d0fae7f

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: