2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

弾(AMO)のお話し

昨晩も楽しみにして居たTVドラマ『S -最後の警官-最終回』を観ましたが、キムタク扮する『宮本武蔵』と被ってしまい、どちらを観るか悩みに悩みました。(笑)
日本のTVはリアルタイムで高品質大画面で視聴出来るのですが、IPTVですので録画出来ないのが辛いとこです。

観ていて又々ちょっと気になる事が有りました。(笑)
テロリストの罠に嵌って隊員達が被弾していたのですが、殉職者(死亡者)はゼロという事で良かったな~と思いましたが、そこで気になったのが防弾チョッキ(ボディアーマー)です。

防弾チョッキも防弾レベルや種類も様々で、日本ではどのレベルのボディアーマーを採用しているのか?そんな事ばかり気にしてTV観ているお馬鹿な私です。(笑)
防弾チョッキ-1

最近、巷で話題になっている弾が有ります。
アメリカのG2リサーチ社の新製品であるホローポイント弾、RIP (Radically Invasive Projectile)です。
どんな弾かは映像を見て下さい。
正直、凄いと言うか怖い...



こう言う弾が世に出ると、思い出すのはウィンチェスター社が製造販売していたホローポイント弾の一つのブラック・タロン(Black Talon黒い鉤爪)が有ります。
不幸な事件の後、自社規制で販売を中止し、今ではコーティングを施されないレンジャーSXTやレンジャータロンの名で販売されています。

それともう一つ思い出すのは、『コップ・キラー』と呼ばれたKTW弾。
映画『リサールウェポン』にも同じ様な弾が出て来たので、憶えている方も多いかと思います。
特徴はテフロン・コーティングしてコーン型の形状が特徴です。
しかし、弾頭のコアにはタングステン合金・スチール・鉄・真鍮・銅合金・ベリリウム・銅・劣化ウラン等を使用した弾は販売禁止です。
そう言えば、私が何時も使用して居る弾はテフロン・コーティングして居ますが、弾頭は鉛です。
弾の威力は、弾頭重量×弾速(火薬量)で算出されます。


やはり海外で実弾射撃する費用の大半は、何と言っても弾代に掛かって来ます。
フィリピンでは下記のパッケージの弾を多く見かけると思います。
download_141.jpg

フィリピンの射撃事情や弾の事を良く知らない人が、強装弾=ファクトリー弾(工場製)と言う人が居ますが、実はこの弾は強装弾では無く、どっちかと言えば弱装弾なのです。
IPSC競技に於いては強装弾(メジャーロード)と弱装弾(マイナーロード)の判断は、一般的に弾速チェックをして振り分けますが、この写真のパッケージの弾は火薬量も少し抑えているので、クロノ測定(弾速チェック)をしますと弱装弾(マイナーロード)の分類です。
弱い弾を撃って1発P23も出して居るなんて愚かな事で、知らなければ更に上乗せされ1発P40~P50払うなんて、知らないのを良い事に商売して居る人も多いのでご注意下さい。
私はテフロンコーティングされたリロードの強装弾を1発P7で撃っていますが、6倍~8倍ですね。

通常は旅行者でも相場は1発P10~P12程度と憶えていれば、提示された弾の値段が高いか安いかの目安にもなると思います。
何でもかんでも工場で作られた弾が良い弾と思い込むのは、余りにも弾の事を知らない人が考える事で、スポーツ・シューティングして居る多くの人は、皆さん自分のGUNに合う様に調整して自分で弾作りして居ます。
どうしても新品のケースで撃ちたい方は、新品のケース(薬莢)を購入して強装弾仕様で弾を作って貰って下さい。
1発P16で作れます。

でも、フィリピンに頻繁に射撃に来る方は新品の薬莢を買って、何度もリロードするのには有効ですが、1回だけの射撃で薬莢を再利用しなければ、ただのお金の無駄使いで意味が有りませんね。
新品の弾の1発の値段の半分近くはケース(薬莢)代です。
フィリピン人の人にとっては、1回しか撃ってないケースをただで貰えますので大喜びしています。
ARMSCORでもたまにこの様な方が居るらしく、レンジボーイがこの様なケースを当然ただで仕入れ、私に時々格安で売りに来て、私も更に値段を叩いて購入してました。(笑)


安く安全にフィリピンでの実弾射撃を楽しんで下さい。

スポンサーサイト
2014..17 GUN事情 comment2 trackback0

comment

MASA
こんばんは。

RIPは今年のSHOT SHOWでも話題になっていたみたいですね。本来の意味の他にRest In Peaceを引っ掛けたネーミングとか。撃たれて即死ならともかく、安らかどころか、絶命するまで悶絶しまくりそうな構造です。弾頭もCNC加工とかでFMJの様な貫通力+ハローポイント以上のエクスパンション..何とも凄い弾が開発されました。

ブラックタロン..同等品は一発200ペソです。ダブルタップすると1,000円が文字通り煙と消えます。高いので9mm/40S&W/45ACP各種売れ残っています(笑)

KTW..懐かしい響きです。少年時代に友人と『スゲー弾なんだぜ~』と当時のGUN誌を片手に語り合っていたのを思い出しましました。

弱装弾じゃなくて減装弾って呼ぶ方もいらっしゃるみたいですね。64式じゃあるまいし(爆) 弱装(MINOR LOAD)と減装(REDUCED LOAD)の本来の目的に拠る根本的な違いをよく理解されていないのだと思います。

リロード=弱装、ファクトリーロード=強装といった思いこみも、ハワイやLAなんかの観光射撃経験に毛が生えた程度の経験と知識しか無いと仕方無いのかも知れません。 普通の人にはPFなんて縁が無いものですし。

私の行きつけのレンジでも頼めばパウダーのデータを見ながらメジャーロードのPFをクリア出来る弾を一発8ペソで造ってくれます。ディロンのハンドローダー使って一時間有れば600発出来上がり。計4,800ペソ。個人的には、新品の銃のブレイクインならともかく、練習にはリロードで充分だと思います。とにかく知らないとトンデモナイ損をする事が有るフィリピンですので、せっかくお金と時間をさいて来比された皆様には適正価格の射撃を安全に愉しんでいただきたいですね。




2014.03.17 23:38
きら
MASAさん、おはようございます。

RIPの弾は凄いというか怖いですネ。
これを試合に使ったら、オールアルファ間違い無しです。(笑)
使えませんけど...(爆)

自宅のディフェンス用に1発P100もしたウインチェスター製のHP弾が有りますが、数発試し打ちした程度で、もったいなくて撃ってませんので、そろそろ消費期限切れかも?(笑)

射撃で一番お金が掛かるのが弾代ですので、適正価格を知る事はとても大事ですね。
フィリピン事情や射撃事情も良く知らない人が商売にしていますので、貴重な休暇や予算を掛けて日本から渡比する人達が、有意義なフィリピン滞在になる事を節に願います。
2014.03.18 10:52

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/188-1a371a44

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: