2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

フィリピン海外移住

昨日の記事で邦人射殺事件にふれ、フィリピンの銃器社会事情を書きましたが、未だに心のモヤモヤが収まらずに居ります。
過去に不幸にも邦人殺人事件は多々有りましたが、背景には何らかの要素や原因を個人的に感じて居まして、今回残念ながら被害に遭われた岩崎様は、この様な事件に遭う様な方では無いと私は思っていたので、正直私自身ショックを隠せません。
私と同じ様に、在歴も長く在住者の知り合いも多かった岩崎様ですので、今回の事件は在住者社会でもショックはとても大きいと思います。

今回は私にしては珍しく射撃記事とは離れ、あくまでも個人的私感で海外移住に触れて見たいと思います。
近年日本でも色んな事情により海外移住に関心が有り、海外移住を目指す日本人も多くなった傾向です。
ある調査期間によりますと人気ランキングは下記の様で...

1位 マレーシア
2位 タイ
3位 フィリピン
4位 インドネシア


温暖な気候で日本に比べ物価の安い国に人気が有る様に感じますね。

私の場合は嫁がフィリピン人でしたので、他の国には全く興味が無く30歳半ば頃から老後はフィリピンで生活する事を計画し、3人の子供達が成人するのを待ってフィリピンに移住しました。
多くのフィリピン国際結婚のカップルを知りますが、多くの方が将来老後のフィリピン移住を望んで居るのも多く感じます。

人それぞれにフィリピンに魅力を感じ、多くの方がフィリピン移住されていますが、私の場合はやはり温暖な気候やのんびりした環境と、やはり私には何と言っても日本では絶対経験出来ないシューティング・スポーツです。
後はたまに夜の散歩ですかな?(笑)

多くの方がフィリピンに移住して、多くの方が夢破れ日本に帰国する事実も多々有ります。
理想と現実との違いでしょうか?
安易な計画で破綻した方も居りますし、日本の財産を処分しある程度のまとまった移住資金を日本から持って来たのにも関わらず、何も知らない国で嫁さんや親類達の口車に乗ってビジネスに投資したりして、数年で資金も底をついた話しも良く聞きますし、ご本人達も多数知って居ます。
後はフィリピンに行けば何とかなる様な軽い気持ちで来る人も希に居ますが、何とかなれば誰も苦労しないですね。

そんな私もフィリピンでは毎月の生活費は抑えられると思っていましたが、確かに10年以上前は物価も今程に高騰はして居ませんでしたが、今では物価も異常な程高騰し為替も円安に振れていますので、現在では日本とはさほど生活費も変わりませんし、そんなに生活費が楽とは感じて居ません。
生活水準も人様々ですが、マニラの都会で日本人らしく日本並みの生活を求めたら日本と余り変わらないと感じて居ます。
犯罪も物価は急上昇し賃金はそんなに上がっていませんので、以前より犯罪率も多くなっている気がします。
移住を考える人は、最初は長期滞在したり何度もフィリピンを訪れて、色んな経験をした方が良いと思います。


それでも私に取っては居心地の良いフィリピンで、フィリピンの生活に満足し自分の人生をフィリピンで終焉しようと思って移住してきましたが、私の亡き後嫁は日本に帰る条件で半分嫌々で移住に付き合って貰ってますが、此方に多少の資産を移している事も有って、果たして嫁がコンドの売却やSRRVビザの預託金返却請求の処理など出来るのか、日頃の生活を通じ見ていて、フィリピン初心者の嫁ですので考え込んでしまいました。(笑)
嫁の人生はフィリピンより日本の方での生活が長いので、私以上にフィリピンのシステムは知りません。(笑)
コンドの売却等は交渉術も多少は必要ですし、果たして世間知らずの嫁にその様な事が出来るか最近心配になって来てしまいました。

そんな事も有り、これからもっと歳を重ねていくと病院のお世話になる事も考慮に入れ、まだ身体が元気な内に後10年位住んだら資産整理し帰国準備をして日本に帰ろうと嫁に話しを今年の初めにしましたら、返って来た言葉が『もう少し早くならない...』(涙)
それまで私が生きて居たらの話しですが、まぁ~!私とすればあと10年近く住めば夢だったフィリピン移住も充分ですし、その頃には煩悩の数も少しは減って、好きなシューティング・スポーツも体力が続かずやっていないと思います。


私なりに今回の事件を考えると、やはり銃器社会は怖いです。
あくまでも銃器が人を殺傷するのではなく、人が人を殺傷するのですが、犯罪者でも簡単に違法で入手出来る環境は無視出来ません。

日本でも人生長く生きていれば、一人や二人は殺してやりたい程憎い人間も出て来ると思いますが、あくまでも日本ではただ思うだけで、もしその様な重犯罪を犯せば自分の人生を棒に振ります。
しかし、フィリピンでは簡単に依頼出来ますし、お金の為なら人命軽視で実行する人間も沢山居るのも事実です。
フィリピンの警察捜査能力も低いので、まず犯人は捕まりませんね。
と言うか...まともに捜査するかも疑問です。
日本でしたら殺人事件などは警察の総力を上げて捜査しますが、こちでは少しだけ調べてお終いで後は迷宮です。
犯罪者の検挙はもっとも効果有る犯罪抑止力だと思いますが、検挙率の低いフィリピンでは犯罪者のやりたい放題です。
大好きなフィリピンですから余り悪い事は言いたく有りませんが、決して悪口では無くフィリピンで生活する上でフィリピンの事情を知る事はとても大事な事であり、特に気を付け無ければ行けないのは、日頃の生活では人様に怨まれる行為や要らぬ事に首を突っ込む事は絶対に避けなければいけません。

何と言っても、此処は日本では無いですから....









スポンサーサイト
2014..09 その他情報 comment2 trackback0

comment

MASA
こんにちは。

お墓参りをした際、真新しいお墓(小さな家の家の様なタイプ)が有り、外からガラス越しに除いてみると石のお棺と木魚やら写真やらが飾ってある日本人の方のお墓でした。この国に骨を埋めるとはこういう事なのだなと思いました。
家族に愛されている方なのでしょう。 お墓はシッカリ手入れされている様子で、日本の吹き曝しの墓石と比べると、こういうのも悪くないなと思います。

この国でも医療費は保険が利く上、 ASIAN HOSOPITALの様な24時間体制の病院があるのは良いのですが、 薬代は保険でカバーされていなかったので大変です。ジェネリックを使ったにも関わらず唯の水疱瘡(チキンパクス)で1万ペソです。ですので放置しておく人も多い様で、それが又蔓延の一因となっている様です。

昨日ウチから200メートルしか離れていない友人宅前の路上で額の真ん中を45口径で撃ち抜かれるという殺人事件が有りました。被害者(フィリピン人)はサリサリで買物をした直後、手の届く距離でイキナリ撃たれた様です。犯人は直後に来たバイクの後席に乗って逃走したとの事で、明らかに依頼を受けたプロによる犯行です。タンバイも多く酒乱やケンカも珍しくない下町での事件ですが、流石に沢山の子供達も周りに居た真昼間の事件だったので大騒ぎになったそうです。

きらさんの仰る通り、日頃の生活では人様に怨まれる行為はご法度だと思います。その日たまたまタンバイに挨拶しなかったとか、連れているオンナを見ただけなのにオレのオンナに色目を使ったとか誤解(と言うより幼児思考に思えるのですが...)による恨みを買う事も少なくない様です。旅行者として訪れていた頃に比べてそういった事には一段と気を遣う様になりました。先ずは身の周りからと、アパートの住人や住み込みのメイドに好感を持たれる様に心掛けています。これぞ銃にも勝る最高の護身術....アッ嫁さんに好感持たれるのを忘れていました(爆)
2014.05.10 09:38
きら
MASAさん、お早うございます。

フィリピンで幸せに人生の終焉を迎える方も多く居ますね。
私も漠然ですがその様に思っていました。
亡くなった後迄嫁や子供達に苦労は掛けたく無いと思い、今回の結論に達した次第です。
本当はこのままず~っと、フィリピンに居たいのが本心ですが。(笑)

フィリピンのTVニュースを見ていると、連日殺人・強姦・強盗等のニュースが絶えません。
以前より犯罪は確実に増えていると思います。

些細な事でも恨みを買う事も有りますので、日頃の注意が必要ですね。
何と言っても此処は日本では無いですから。(笑)
2014.05.11 09:05

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/200-439b970e

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。