2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

フィリピンで楽しく安く安全に実弾射撃

先日、盆休みを利用してブログの読者の方が渡比されました。

渡比前から何度も問合せが有り、余りにも熱心に聞いてくるので、それでしたらマカティ市のマカティシネマに有る射撃場で良ければ、自宅から徒歩でも行ける距離なので案内しますよと返事をしたら、是非共お願いしますと懇願されお連れしてきました。

ここで困ってしまうのが、私が商売で射撃案内していると思われる事です。
実際にそう言う人が、ネット上で日本人を勧誘して民間射撃場に日本人を連れて行き、上前をハネて商売して居る日本人が居るので、私もそう言う類と良く間違われてしまいますが、私は趣味で射撃をして居るだけで、一切商売等はして居ませんので、今後も誤解無い様にお願いします。

今回お連れした方も、私が此処のメンバーという事で、50発でP500でした。
レンタルGUN代もサービスして頂き、合計300発撃ってターゲット代&チップを入れ合計P1,640で、大満足で宿泊先のマラテのホテルにお帰りになりました。

日本ではエアソフトガンをたまに撃ったりして楽しんで居るそうですが、実弾射撃は初めてと言う事で、是非ともマガジンに実弾を自分で込めてみたいと....
気持ちは私も良~~く解ります。私も最初は全く同じ気持ちでした。(笑)
安全性だけ注意し、どうやるのか見ていたら、弾を1発装填するにも大変苦労してました。
当たり前ですね!日本では実銃を触る事も無ければ、実弾など無縁の物です。


そこで簡単に装填方法をお教えしました。

利き腕が右手の場合(動画参照) 
① 左手にマガジンを持ち、弾は右手で入れます。
② 最初の1発は、弾で直接フォロアーを押し下げながら、滑らす様に弾を込めます。
③ 2発目からは、左手親指で装填済み弾の後部を押し下げ、右手で持った弾で前部を押し下げながら滑らす様に弾を込めます。
④ 後はフル装弾になるまで③と同じ要領ですが、装填数が増えてくるとマガジンスプリングのテンションもきつくなってくるので、力も多少必要になってきます。
⑤ 装填が終わったら、マガジンを握ったまま左親指で弾を押してみて下さい。下方に弾が下がる余裕が無い時は、マガジン装填の際に装填不良になりますので気を付けて下さい。
⑥ 最後に装填したマガジンを手の平で叩き、マガジン内に有る弾を点検&整頓します。希にマガジン内で弾が引っかかって居るのを防止する為です。

コツは指で一番力が入る両親指を使って弾を入れ、弾を保持しているリップという部分を避けて弾を込める事です。
リップ部から弾を入れようとしても、リップが破損するだけで絶対に弾は入りません。

良く映画などで、M4等のマガジン交換する時、被って居るヘルメットでマガジンをコンコンと叩いて装填するシーンが有りますネ。あれと同じです。
ピストルでも同じ事で、GUNがジャムしたらまず最初にグリップ下に有るマガジンをタップしろと教えられます。
これも全く同じ事です。
軽々しく射撃教室を名乗る方も居ますが、撃つだけでは無くジャムクリアー等、様々な全般に広い経験と知識が無ければ、射撃教室とは言えず、ただ撃つだけのアドバイスだけの様に感じています。




フィリピンでは射撃に伴う雑作業をサポートするレンジボーイが居ります。
黙って居れば弾込めもしてくれますが、何事も経験ですので、ご自分で弾を込めてみたければ、現地の言葉で『アコ ナラン!』と言えば通じると思います。(笑)
便利なレンジボーイが居るお陰で、私はここ何年も怠け癖が付いてしまい、自分で弾を込める事はして居ませんが...(汗)

ちなみに掲載した動画で後ろに日本のTV放送が映っていますが、日本放送をリアルタイムでIPTVで視聴している物で、あくまでも撮影場所はフィリピン国で有って、嫁が合法所持して居るGUNですので、誤解の無い様にお願いします。
日本で実銃持っている!などと通報されたら困りますので。(笑)



スポンサーサイト
2014..23 その他情報 comment6 trackback0

comment

MASA
こんにちは。

あそこの射撃場、受付の周りをリノベーションして明るい感じになりましたね。

私も昔 初めて実弾射撃した際、弾込めに時間が掛かりました。弾を床に落としたら爆発するんじゃないかって、ビビッたりして....(爆)

弾込めの解説youtubeありがとうございます。 一つ疑問が解消しました。 と言うのは、最後に装填したマガジンを手の平で叩く事を私もいつもやっているのですが、日本の銃器雑誌で割と著名な方が、それは不要とビデオで解説していたのを見た事が有るからです。又 別のライターが (こちらはソフトポイントのライフル弾に付いてですが) それをすると弾倉内で弾頭が変形する...と言う記事を見た事も有ります。実際に (特にバネのヘタった1911の弾倉を使うと) このプロセスは不可欠なので、著名人が何と言おうが無視して、半ば撃つ前の儀式化してクセになってしまっていましたが、きらさんのyoutubeを見て安心しました。やはり実経験に勝るもの無しですネ(笑)

グロックの31連マガジンや1911の10連マガジンってカッコイイですね。 私は指が痛くなるのでHi-Capマガジンの弾込めにはいつもUpLULA使ってますが、レンジボーイは道具も使わずに、よくあんなに早く弾込め出来るな~と感心します(笑い)
2014.08.23 17:34
きら
MASAさん、こんばんは。

そんな記述が有りましたか。
マガジンを叩いても、内部で弾が動くのは極僅かなスペースしかないので、ソフトポイントの弾とは言え、変形するなんてあり得ないと私は思いますがね。


雑誌等でも色んな記述が有りますネ。
私が最初に記述を見て、実際にやった事は不発弾の時でした。
遅延発火が有るとかで、ダウンレンジに銃口を向けたまま、5秒位静止してました。(笑)
周りに居た人は何をやっているのかな?と思った事でしょうね。(爆)

弾の扱いは慣れないと確かに怖さは有りますネ。
私もアンロードした弾が、地面の鋭利な物や箇所に、勢いよく落ちた弾のプライマー部が当たり、暴発するのじゃ無いかと考えた事も有ります。(笑)

実は今回動画で撮った弾はSTIマガジン用でして、通常の弾の長さより若干長目に作ってあります。
何でもケース内でスペースが多い程、燃焼の関係でリコイルがマイルドになるとか...
でも、実際には殆ど体感してないですけど。(笑)

このちょっと長い弾をGlockのマガジンに装填しますと、弾頭がマガジンケースに当たり、正常に弾が押し上げられず、必ずジャムを発生します。
マガジンを叩いても無理で、弾を抜く時もテーブルにかなりの強さで叩いて何とか抜ける様な状況です。

ダブルカラムのマガジンほど、装填した後は叩いて内部を整頓する作業は大事だと思いますね。
2014.08.23 23:16
MASA
こんばんは。

長めに弾を造るというのは、リロードマシンでケースを整形する時にケース長を長めに整形する様にマシン調整するという事なのでしょうか。いずれにしろ、同じ弾頭とケースを使った40S&wでも長めに造るとかの調整も出来るのですね。知りませんでした。

長さと言えば、リロードの45ACPだと弾頭部のかしめ (CRIMP) が弱いのか、何かの拍子にすぐ弾頭がケースにメリ込んで長さが短くなっちゃいますし、少し短くなっちゃった弾は1911だとラウンドノーズでもジャムし易くなりますね。特にランプバレルでないモデルだと。

リコイル対策(?)として、練習用は若干PF値を高くした弾を使い、試合用はギリギリまでPF値を絞った弾を撃つトップシューターも多い様です。

いずれにしろ、こんな事はファクトリー弾しか撃った事の無い人は絶対に知らない事で、リロードの世界はとても奥が深いと思います。

2014.08.24 00:48
きら
弾作りのリロードは私が今一番興味の有る事ですが、如何せん自分でやった事が無いので、確かな事は書けませんが、リロード行程ブラスのリサイジングでサイズを戻すと思います。
リサイジングが不完全だと、弾頭も緩くなる場合も考えられますね。

クロノ測定の時、弾頭を外す作業を見ていますと、かなりガッチリ弾頭がケースに食い込んでおり、ハンマー形状の専用工具をガンガン叩いて外しています。

弾の長さは弾頭の挿入量で全体の長さを調整します。
シューターによって弾頭の種類や重さは様々だと思いますが、40s/wですとテフロン弾が主流で、重さは180gr・200gr・220grなどのブレットが使用されていますが、一番多いのは私も使っている200gr弾頭ですね。

アメリカのUSPSAやIPSCのデーターを見ますと、一番使用率が多いのは180grです。
もっともUSPSAのPHはスタンダード(リミテッド)ではたしか165ですので、IPSCのPH170より若干弱めになっています。

日頃PHの強い弾を使って居ると、試合の時に楽に感じる事も有るかも知れませんが、練習と試合でタップ速度の違いが出て、リズムが掴めなくなる感じもしますので、私はあまりお勧めはしないですね。
と言っても私の場合、あまり練習しないで試合ばかりですが...(汗)

では、これからちょっこら汗をかきに出かけて来ます。
2014.08.24 10:21
MASA
こんばんは。

先程 アリゾナ州で射撃インストラクターが生徒に射撃を教えている際に、そのフルオート射撃を頭に受けて死亡するというショッキングな事件が有りました。動画を見る限り、殆ど射撃経験の無さそうな、9歳の女の子にセミオートで一発撃たせた後、フルオートで撃たせたら腕がぶれて銃撃されてしまった模様です。

銃はMini UZIの様で、長い自動小銃なら良かったんですが、全長の短いSMGだったのが災いしました。

インストラクターの冥福を祈ると共に、この女の子の将来はどうなっちゃうんだろうと思います。

こうなってしまった理由はさておいて、他人に射撃を教えるという事はこういうリスクを孕んでいる可能性は否定出来ませんね。
楽しく安全に射撃を...という趣旨のタイトル通り、万に一つもフィリピンで日本人が射撃の事故に遭うのは見たくないものです。当人だけの問題じゃなくなりますしね。

2014.08.27 23:02
きら
MASAさん、こんにちは。

コメントを頂き調べて見たら、後にFBシューター仲間のUPや、日本のニュースでも報道していてビックリしました。

亡くなった方も気の毒ですし、お嬢ちゃんも深い傷を背負って人生を歩む事を考えると心が痛いです。

今回の事は考えさせられる事も多々有りますので、次回のブログ記事で取りあげてみたいと思います。
2014.08.28 16:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/217-078486b3

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: