2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

悲しい事故が...

9歳女児が短機関銃を誤射、インストラクター死亡 米、銃口跳ね上がり頭撃つ

(記事引用)
米西部アリゾナ州ホワイトヒルズの射撃場で27日までに、射撃を教わっていた9歳の女児が短機関銃でインストラクターの男性(39)を誤射する事故が起きた。男性は頭を撃たれて死亡した。AP通信などが伝えた。
事故は25日に発生。インストラクターのチャールズ・バッカさんが女児を指導中、射撃の反動で銃口が跳ね上がり、銃弾がバッカさんに当たった。女児は両親と一緒に射撃場を訪れていた。米メディアによると、8~17歳は保護者同伴の上で射撃可能だという。

銃の安全対策に詳しい米専門家はAPに、子供が強力な銃を発砲する際は、インストラクターが跳ね上がりを防ぐため銃身に手を添えるのが一般的だとした上で「9歳児に短機関銃を与え(銃口を)コントロールできると期待するのは間違いだ」と指摘した。




今回の事故は実に悲しく不幸な事故です。
個人的に今回の事故に触れて、思った事を書いてみます。
亡くなったインストラクターの方には申し訳御座いませんが、女の子の歳を考えると明らかにインストラクター自らのミスの様に感じてしまいます。

私はインストラクターでも何でも無いので、あまり詳しい事は書けませんが、たまに初心者の射撃に同行し、時には基本だけ教える事が有ります。
その際、私が気を付けて実践している事は下記の通りです。

右撃ちの場合
① 最初に銃声になれて貰う為に、基本を教えながら3発程私が撃ちます。
② 射手に基本操作を反復練習して貰い、空撃ちを何度も続けます。
③ 次ぎにマガジンには1発だけ装填して実際に撃って貰います。
万が一の際に備える意味で、パニックになっても次弾は発射されません。
④ その際、私は射手の後方右45°の位置に立ち、私の右手は射手の右肩に触れるか触れない程度に備えます。
反動で銃口が危険な方向に向かない為の対処です。
⑤ 射手が慣れて来ましたら、マガジンに装填する弾を増やしていきます。 

サブマシンガンはどうやらミニUZI(9mm)の様ですが、ピストルでもサブマシンガンでも軽量な程GUNは暴れます。
大の大人でも連射となると、かなり銃口は暴れますしコントロールも難しくなります。
連射を体験させるのであれば、弾倉には3発程で最初は充分ですし、銃器にはインストラクターが一緒に保持する事が、一番大事だと感じて居ます。
今回の事故の様に、GUNは撃つだけでしたら小さな女の子に撃つだけは出来ます。
だからこそ、射撃関係者には今回の事は実に考えさせられる事故だと、フィリピンでも受け取られています。
アメリカの射撃事情は知りませんが、フィリピンの射撃事情は多少知っているので書きますが、よくプロのインストラクターとか言う人が居ますが、何を指してプロと言う言葉を使っているのか解りませんが、射撃を教えてお金を貰って居る人をプロと呼ぶのでしょうか?
そんな人ならフィリピンには沢山居ます。

現在、フィリピンでは銃規制が厳しくなって、あちら此方でGUNセミナーを開催しています。
又、GUNセフティーインストラクターのライセンスを所得する人も増えてきました。

インストラクター

知り合い達で主にRO達が所得してますが、射撃の技量は知って居るだけに、インストラクターとしての技量は正直疑問です。
フィリピンでは日本人はどうしてもお金持ちに見られがちで、故に裏を返せば日本人は上お得意様で、『私はインストラクターで射撃を教えます。』などと言う人も出てきます。
日本人が射撃教室などと言って、ネットでお客さんを勧誘し、フィリピン人のプライベートで所有する射撃場に連れて行き、後はフィリピン人に任せ切りで、上乗せ商売して居る邦人も居ます。
私もフィリピンの色んな射撃場をブログで書きましたが、私のブログも良く利用され、ブログを見て射撃場に赴き交渉して自分の商売に結び付けようとして居た事も実際に有りました。

射撃は事故が無いとは言い切れません。
こんな不幸な事故が、今後フィリピンでは起きない事を願うだけです。
スポンサーサイト
2014..28 シューティング事情 comment2 trackback0

comment

MASA
こんばんは。

初心者への指導と少し趣旨が異なりますが、安全の為、娘(18歳)には私がレンジに同行しない射撃時は、下記の遵守を言い聞かせています。

①他に撃っている人(右利き射手) がいる場合は、出来るだけ右側のレーンで撃つ。(関節の逆方向には銃口は向きにくい)

②危ない (=銃に不慣れ、或いはフィリピンでよく見かける自己顕示欲の強いタイプ) が撃っている時は、一旦 後ろでそいつの技量を確かめる。レンジから出てお茶休憩するも良し。

③撃った時にいつもより小さい音だったら、射撃を中止し、レンジのスタッフに
停弾チェックしてもらう。

の3つです。まあ信頼出来るスタッフに任せているので心配はしていませんが。

たとえ9mmでも、SMGのフルオート射撃のコントロールは大人と言えど初心者には困難ですので、娘には一切許可していません。

初心者を教える場合、拳銃と小銃のどちらがより危険かと言えば拳銃の方が圧倒的に危険だと思います。銃が小さい事は反動のコントロールもマズルコントロールもより困難だからです。ですので、少々軍隊で小銃の射撃経験が有るからと言って拳銃の射撃指導を "プロ”として出来るかどうかは疑問に思います。
まして、自衛官や警察官上がり程度のレベルでは....日本の公務員が一体年間何発撃つのかを考えれば明白ですね。(勿論プライベートで海外で煩雑に撃っている人は除いての話です。)

銃所持ライセンス取得時と更新時には(一応)GUN SAFETY SMINARが義務付けられているので、レンジでそうしたインストラクターと話をする事をする事が有りました。 中にはI-Pad使って教えてる人もいて、とても面白いのですが、そういう人達が(競技)射撃も上手いかどうかは全く別の話だと思います。

銃・犯罪・事故というキーワードでこの国の銃事情を俯瞰していると、不幸にも邦人がフィリピンで銃絡みの事故を起こしてしまうと、当人のみならず、その他の邦人・外人・フィリピン人シューター達に多大な迷惑を掛ける事は容易に想像出来ますね。

絶対に有ってはならない事だと思います。

2014.08.28 23:59
きら
MASAさん、おはようございます。

亡くなられたインストラクターの方には申し訳無いですが、今回の事故は誰もがインストラクターのミスと指摘していますね。

指1本で老若男女が撃つ事が出来る銃器ですので、相応の知識・経験が必要だと思うのですが、今回は気が緩んだのでしょうね。

以前、韓国での射撃場火事でも邦人が事故に遭えば、マスコミは大々的に報道しますし、フィリピンで事故が起これば同じ事で、何よりフィリピンで純粋に射撃活動している人達にも大変迷惑をかけます。
商売目的でフィリピンでの射撃勧誘して居る人はお金目的なので、射撃を商売に利用しているだけで、事故が起きたら責任も取らず、逃げるだけと思って居ます。

絶対に事故は無いとは誰も言い切れません。
2014.08.31 09:11

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/218-e83c0aea

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。