2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告  comment(-)  trackback(-)

コンシールドキャリー

コンシールドキャリーとは、直訳すると隠し持って携帯すると言う意味になります。
此処フィリピンでは、銃器の所持及び携帯が法律で認められています。

所持と携帯は大きく違い、簡単に説明すると所持許可とは自宅などで銃器を、防犯等の目的で置いておく事が出来ます。
外に持ち出す時は、別に搬送の許可を取らなくてはいけません。
ただし持ち出す際は、ケースに入れトランク等に保管して搬送し、車内にむき出しに置いていると携帯とみなされます。
携帯許可とは、銃器を身体に身に付けたり、車内で携帯保管出来る許可書です。
携帯許可申請費は非常に高く、現在で1年更新でP10,000です。
毎年更新すると大きな金額になりますね。

携帯許可が有るからと言って、司法関係者や軍関係者以外、銃器をむき出しで所持は出来ないので、コンシールドキャリーといって、隠し持って携帯する事になります。
そこでコンパクトな銃器や専用ホルスターが必要になる訳です。

2

しかし、多くの銃器を用いた犯罪者は、当然所持許可書も携帯許可書も有りません。
違法所持で犯罪を繰り返します。
防犯目的やスポーツ等で所持している人は、皆さん許可書を取った善良な人が多いです。
此処が犯罪者と正規所持者の大きな違いですね。

ただし、フィリピン国では外国人籍の銃器所持及び携帯許可は一切認められていません。
銃器を所持した悪漢には、素手で立ち向かうか、無抵抗で犯罪者のなるままになるしか道は有りません。
私なら残念ながら、無抵抗の道を選びます....
スポンサーサイト
2012..04 GUN事情 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://makati2010.blog108.fc2.com/tb.php/71-f52c4198

プロフィール

きら

Author:きら
.
フィリピン共和国マカティ市在住です。
フィリピン国の射撃事情や、個人の射撃日記的にブログを書いています。

ネット上でお客さんを勧誘し案内して、フィリピン価格に上乗せして商売にして居る人も居る為、私も商売目的と誤解され、困惑しています。

日本で出来ない射撃を、あくまでも個人の趣味で海外で楽しんで居ます。
ご質問には丁重にお答えする様に努めていますが、案内や同行依頼は一切お断りしていますのでご理解下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。